アロマ

パチュリーは昭和の香り?

2020年10月14日

こんばんは。

今日の夕日…とっても綺麗でした〜♪

 

今日、生徒さんから「先生、母がパチュリーの香りが仁丹に似てるって言うんですけど…。」と言われ…。

あ〜…!そう言われたら仁丹に似てなくもないかな…?ある生徒さんは、息子さんにおばあさんの香りって言われたそうよ。

生徒さん「先生、仁丹って知ってるんですね。」

 

そう…昭和の女は知っています(笑)

生徒さんは、仁丹を見たことがない若い世代。

ネットで「仁丹」を検索してみたそうです。

ジェネレーションギャップ…感じました(笑)

 

念のため…パチュリーは好き嫌いの分かれる香りで、生徒さんの多くは「いい香り」と言って使ってくださいます。

香水の原料にもなっていて、ベースノートの濃厚な香り…。

時間が経つと甘く変化していく香りで、私はラベンダーとブレンドして使うのが大好きです。

でも、ご家族には苦手な方もいらっしゃるようで…上手に使っていただきたいと思っています。

 

その生徒さんのお母様も、時間が経って、香りの変化したパチュリーを嗅いで…

「これ仁丹の精油?全然違うね。」と言われたのだとか。

 

ちなみに私はパチュリーを仁丹だと感じたことはないのですが、どこか懐かしい香りがするなぁ〜と思ったことがあります。

…ってことは、やっぱりパチュリーは昭和の香りなのかしら(笑)

 

昭和のおやつ?

栗蒸し羊羹作りました♪

栗いっぱいです♪

 

それでは、明日も幸せな1日になりますように〜☆

▲ホームページはコチラをご覧ください☆

 

 

 

-アロマ
-

Copyright© Happy Aroma Life , 2021 All Rights Reserved.