映画

【映画】FUKUSHIMA50

今日は3月11日…9年前のこの日の事は、今でも忘れたことはありません。

あの日は、実家に帰っていて、両親とテレビを観ながら談笑していました。

「あれ?地震?」

いつもとは違う揺れ方に恐怖を感じて、庭に飛び出しました。

その後、テレビから流れる津波の映像に恐怖を感じながら、急いで自宅にへ戻った事を思い出します。

そして、その後大きな問題になった福島第一原発…。

水蒸気爆発の映像を見て、学生の事に読んだ「チェルノブイリ少年たち」や「風が吹くとき」を思い出し、愕然としました。

実際には、大きな被害は免れたものの…今も大きな課題である福島第一原発。

あの日の出来事が映画になると聞いて、居ても立っても居られなくて、映画館へ出向きました。

新型コロナウィルス感染予防に、マスクをして、さらにシートの間隔をかなり確保して指定席を取りました

皆さん、同じ考えだったようで、とても広い劇場にまばらに人が座っていました( ´艸`)

映画を観た感想は…

いや~!豪華なキャストでした!

佐藤浩市さんと渡辺謙さんが主演ですが、脇を固める俳優陣も主役級ばかり。

 

現場の様子は、メディアでしか見たことがありませんが、よく再現されていたように思います。

 

でも!実際の現場は、もっともっと!想像を絶するほど緊迫していただろうと思います。

なんせ、チェルノブイリの10倍の被害が出てもおかしくない状態だったのですから!

 

そんな状態を救ってくださった方たちがいたことを、私たちは忘れてはいけないと思いました。

Fukushima50と海外メディアは称賛したそうですが、実際には50人以上の方が最後まで関わっていらしたそうです。

 

また、原子力発電の在り方なども考えさせられました。

原発で発電されて電力を使っている以上、「反対!」とは大きな声では言えないのかもしれませんが、いつか日本も原発を卒業できる時が来るといいなぁ…と心から願っております。

 

そして、自然の力・地球の力を決して侮ってはいけない。

想定外…という言葉をよく聞きましたが、想定は人間がするもので、絶対的に確定された安全など、どこにも存在しないのだという事…。

そして、今日も地球に生かされている事に感謝して、自分の役割を果たさなくてはいけないのだと実感いたしました。

 

それでは、日本中のみなさまが幸せになりますように~☆

 

▲ホームページはコチラをご覧ください☆

 

 

 

 

 

-映画

Copyright© Happy Aroma Life , 2021 All Rights Reserved.